So-net無料ブログ作成
検索選択

テラリウムの創り方 [テラリウム]

まず初めにサイズなどを的確に予想した作成図作っておくと次の段階が楽になります。

途中経過の写真がそこそこ抜けているのでわかり辛いですが最初に土地を作るために型紙を作りそれに合わせて発泡スチロールを積み重ねます
一番下は水の通り道を作るために全てに小さい溝を掘ります。
※砂で塞がっても大丈夫なように複数開けます。


壁側には2cm程の隙間を作り、植木鉢の鉢底に使われるネットで土地の両サイドの隙間を埋めます。

※完成した後 水をあげたときに土が水の中に落ちないように発泡の台地より石を高く張り合わせ隙間を埋めて壁を作ります。

100219_162911.jpg

↑左上の部分のパイプはポンプが埋もれないためのカバーで側面には穴が開いていて二重のパイプの間にウールマットを詰めてフィルターの役割にもなります。



次の段階が一番苦労するかもしれない 石の貼り付け!

接着剤はホームセンターなどで安価に購入できるシリコンを使用




石を張り付けるためにハンマーを使い一個一個薄くなるように割ります。(※ケガにだけはご注意を)

割れやすい石を見つけるのが大変なので五色砂などで代用も良いと思います。

しかし、様々な石を拾い張り合わせたものは完成した時にとても雄大に見えます。


この時 張り合わせた石の間から発泡スチロールが見えないように割れた破片や小石などで隙間埋めます



100221_135742.jpg





そして次は発泡の台地の後ろのネットを切って作った隙間に小粒のハイドロボールで埋めます。

ハイドロボールで外から発泡スチロールを隠す役割と水の通りを良くする意味があります。





100223_135404.jpg

ハイドロボールが背面を埋めたらその上に中粒以上のハイドロボールを被せていきます。



100223_141233.jpg


出来上がった台地の上に土を被せて次は植栽!

用土に関しては何でも大丈夫です。

観葉植物用の土や山野植物の土など市販されているものを被せていくのが楽です。


少し工程から外れてこの時作ったものはポンプカバーなどに遊び心を加えてこんなものを作りました。



完成したものは石を張り付けて違和感のないものですが川を流すだけでなく小さな湿地を作ろうというものでこの囲いの中に水が流れていくようにしてウォーターローンやオオミズゴケなど花が楽しめたり面白い姿をしている植物を植えました。

100226_154300.jpg


話を戻して最後の工程、植栽


この辺りは特に説明の必要はありません。
自分の納得いくように植えていくだけです。

鉢のまま置いてみて植える場所の雰囲気などを考えて植えていきます。

100223_171633.jpg

植えた隙間などは土が見えないようにコケを植えると綺麗です。

ここではアラハシラガゴケとハイゴケを使っています。

100226_163750.jpg




これで完成でございます。





100303_144005.jpg

遊び心で霧発生装置など取り付けました。(._.)


100303_183810.jpg


100303_143932.jpg

この後は徐々に変化していく植物を楽しみながら長い期間楽しむことができます[猫]

立ち上げは水草水槽よりも時間はかかりますが難しい事はないので一度作ってみるとクセになりそうです[exclamation]

自然が好きなには勿論、そうでない方にも新しい発見ができるのではないかと思います。[わーい(嬉しい顔)]



ブログランキング↓
他の方々の素敵なブログが拝見できます。[手(チョキ)]

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。